小林旭がゴルフ場への投資失敗で借金51億円!

スポンサーリンク
名村法律事務所

kobayashiakr

「マイトガイ」の名で親しまれる小林旭ですが、過去に壮絶な借金地獄で苦しみました。

バブル期は千昌夫など不動産投資で多額の借金を追う人が少なくありませんね。

今回は、俳優・小林旭の借金問題について見ていきましょう。

プロフィール

小林旭(こばやしあきら)

1938年11月3日生まれ。東京都世田谷区出身。映画「渡り鳥」シリーズ、映画「旋風児」シリーズに主演し、日活の黄金時代を支えた。美空ひばりと結婚するもわずか2年で離婚するなど、数々の話題で世間を賑わせた。歌手としても「昔の名前で出ています」で累計250万枚の売上を記録し紅白歌合戦にも7回出場している。

スポンサーリンク
岡田法律事務所

小林旭ってどんな人?

51億円もの借金を負った小林旭ですが、どんな活躍をしていたのでしょうか?

俳優として、石原裕次郎らと日活の黄金時代を築く!

kobayashiakira-ishiharayuujiro
子役を経て第3期日活ニューフェイスに合格し、1956年からは石原裕次郎らと日活の黄金時代を築きました!

映画「渡り鳥」シリーズ

映画「旋風児」シリーズ

ゴルフ場開発と不動産投資の失敗で51億円の借金!

小林旭ですが、バブル時代の投資で51億円もの借金を負うことになってしまいました。

ゴルフ場開発で14億円の借金!

kobayashi-akira
大のゴルフ好きだった小林旭は「プロでも攻略に困るコースを作ろう」と手をかけましたが、逆にその難しさ・ハードルの高さで客が集まらなかったそうです。ゴルフ場開発で14億円もの借金を負ってしまいました。

不動産投資の失敗で37億円の借金!

kobayashi-akira2
バブル期に保有していた都内やハワイの不動産によってさらなる多額の借金を負ってしまいました。ゴルフ場開発の借金を合わせるとなんと51億円!

小林旭の歌が大ヒットし2003年には借金完済!

1958年に映画の主題歌で歌手デビューを果たしました。

特にゴルフや不動産で借金を負ってからは、借金完済のためにキャバレーなどをドサ回りするになり、その中で生まれた名曲、1977年「昔の名前で出ています」で紅白歌合戦に初出場し、その後は1996年までに7回にわたって出場しました。

昔の名前で出ています・累計売上250万枚

熱き心に・累計売上37.6万枚

2003年には借金51億円を完済!

kobayashiakr3
歌の大ヒットが功を奏し、2003年には全ての借金を完済してしまいました!
後にこう語っています。

「それでも”昔の名前ででてます”で1日10ステージぐらい回って、しまいにはのどから血が出たので現金で最初にお金をもらいますって」

出典:徹子の部屋辞典

相当な苦労があったからこそ、ここまでの短期間で借金を返済できたのでしょう。

最後にネットの反応を見てみましょう。

ネット上の反応

豪快な人生を歩んできただけあって、もう怖いものなどないのかもしれませんね!

今回は小林旭の借金問題について確認しました。

小林旭の借金総額は第何位?芸能人・有名人の借金ランキングも見てみて下さいね!