クレヒス修行の方法や注意点を徹底解説!

スポンサーリンク
名村法律事務所

自己破産など金融事故を起こした後に、家や車をローンで買おうとした際には、その人自身に信用力をつける必要があります。そしてその信用力をつけるには、「クレジットヒストリー」が重要になります。

クレジットヒストリーを作るために、「とりあえずクレジットカードを使っとけばOKでしょ?」といった安易な考えでは、せっかくのチャンスを無駄にしていると言えるでしょう。クレジットヒストリーをしっかりと作るにはどうしたら良いか、基本から解説します!

スポンサーリンク
岡田法律事務所

クレジットヒストリーにも種類がある!

まず、クレジットヒストリーには2種類あり、それぞれ意味が変わってきます。まずこの2つの違いについて最初に明確に定義しておきます。

自社サービス利用者のクレジットヒストリー

自社サービス利用者のクレジットヒストリーとは、各金融機関の会社内で管理している信用情報(クレジットヒストリー)になります。具体的な例であげると、楽天カードで5年間一度も延滞せずに利用していたとしましょう。その場合は楽天にとって、非常に信用度の高い、しっかりとしたクレジットヒストリーのある利用者となります。

楽天自身は利用者のクレジットカード利用履歴を確認することはできますが、他の金融機関からしたら詳細な使用履歴まで確認することはできません。

使用中のクレジットカード会社でしかわからないようなクレジットヒストリーを、ここでは自社サービス利用者のクレジットヒストリーとさせていただきます。

個人信用情報機関のクレジットヒストリー

個人使用情報機関のクレジットヒストリーは、個人信用情報機関に登録されている情報のことをさします。金融機関が審査するときに参照する信用情報になります。

名前や電話番号から勤務先情報といった基本的情報から、クレジットやローンの契約状況・支払い状況などの信用情報が掲載されています。

一般的にクレヒスの話をする際は、個人信用情報機関のクレジットヒストリーを想定しているとお考えください。本ページで解説しているのは、こちらのクレジットヒストリーですのでお間違えの無いようご注意ください。

$マークがつくクレジットカード会社を利用する

$マークとは何のことを意味しているのでしょうか?

$マークとは、支払いが遅滞なく行われたことを意味します。クレヒスをしっかりと積んでいくには、この$マークがつくような取引を重ねていくことが重要です。

$マークを付けてくれなくても、信用取引が正しく行われていればクレジットヒストリーにはなるものの、クレジットヒストリーが無い方や、審査に通らない方にとっては$マークが付いていることは非常に大きなプラス評価です。

そういった$マークが必要な方は、$マークを付けてくれる会社を選ぶようにしましょう。

クレジットカードは長期間適度に利用しよう

クレジットヒストリーを積み重ねるにあたって適切なクレジットカードの利用方法ですが、以下の2つが重要になります。

  • すぐに解約せずクレジットカードを長期間利用すること
  • 毎月適度にクレジットカードを利用すること

すぐに解約せずにクレジットカードを長期間利用する

クレジットカードは、長期間保有することを基本的な姿勢とするようにしましょう。なぜなら、クレジットカードを長期保有していることは、問題なく支払いが行えていることと同義となり、信用情報という観点でもプラスに働くためである。

長期間にわたって支払い延滞をしたり、数ヶ月の延滞を繰り返す利用者はクレジットカード会社から利用停止となります。逆に長期間利用できているというのは遅滞なく支払いができている証拠となります。

ただし、全く利用しないクレジットカードを長期間保有していても意味はありません。適度に利用することが重要となります。

毎月適度にクレジットカードを利用すること

長期間保有するカードを決めたら、毎月適度にカードを利用していきましょう。ここで自分の経済力以上に使用して支払いが遅延してしまっては意味がありません。

自分の収入を考えて、適度に利用していきましょう。

公共料金などは全てクレジットカード払いにしよう

毎月ものを買ったりするような余裕がない方は、生活を送るのに最低限払う必要があるものをクレジットカード払いに変更するようにしましょう。その際たる例が「公共料金」や「家賃」の支払いです。

毎月クレジットカード会社へ支払いを行うことがクレジットヒストリーを積み重ねるという点では、公共料金などは理想の支払い手段といえるでしょう。

クレカの支払いを延滞しないコツとは?

ここまでクレジットヒストリーを積み上げる方法について説明してきましたが、絶対に気をつけなければならないのは「延滞」です。延滞をしてしまうと、ここまで頑張って積み上げたクレジットヒストリーが無駄になってしまいます。

もちろん1度くらいであれば問題にはなりませんが、1度たりとも延長しないくらいの心構えでいた方が良いといえるでしょう。延滞をしないためのコツを解説していきます。

給与口座を引き落とし口座にする

基本中の基本ですが、給与口座を引き落とし口座にすることは最も重要なことです。

特に転職などがあった方は、登録口座をそのままにしているという方は多くいらっしゃるでしょう。延滞が発生しやすい原因No1はこの給与口座変更を怠っているケースです。

面倒臭いと思わずに、給与口座を引き落とし口座へ設定するようにしましょう。

カレンダーなどに登録しておく

グーグルカレンダーなどに登録しておき、きちんとリマインダーが働くようにアラートを設定しておきましょう。こういった一手間で延滞を防ぐことができます。

もし延滞してしまったら?

クレヒス修行をしている際に、もし延滞してしまったらどのように対応すれば良いでしょうか?

すぐに金融機関(クレジットカード会社)へ連絡

口座引き落としがかからなかった場合には、すぐにクレジットカード会社へ連絡しましょう。そしてどのように対応すべきか指示を仰ぎましょう。

すぐに電話することがポイントです。そのままにしてしまうと信頼関係が悪化します。

延滞期間が長引かないようにするためにも、すぐに連絡をして支払うようにしましょう。

万一延滞した場合、延滞が残ったまま解約しない

延滞者として登録されてしまったら、必ず2年は使用してから解約するようにしましょう。もし延滞したまま解約してしまうと、延滞者としての登録が5年も残ってしまいます。

正常者(Aマーク)としての情報を信用情報機関に残すため、きちんと取引をしてから解約をするようにしましょう。