親の借金を肩代わりするか悩んでいます【借金相談室】

スポンサーリンク
名村法律事務所

Enjoying a quiet moment alone

親の借金を肩代わりするかどうか、この問題は利害だけでなく、人間関係も関わるため非常に難しい問題といえます。

今回、新井涼子(仮名)さんという方から親の借金問題について相談がありました。

相談に対しての経験者からの意見をいくつかいただいたため、そちらをまとめさせていただきました。また、借金総合研究所としても簡単なアドバイスを添えさせていただきました。

同じような状況の方がいれば、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
岡田法律事務所

親の借金を肩代わりしてあげたいが、結婚を考えている彼氏がいる

30代女性 会社員 新井涼子(仮名) さんからの相談

相談者

私の親の借金のことで相談に乗っていただけないでしょうか。

私の家族は両親と長女の私に妹が2人います。父の仕事は自営業で、小さい会社ながらもそこそこの稼ぎがあったため、3姉妹ともに私立高校へ進学させてもらっており、割りと裕福な家庭でした。

しかしここ最近は事業があまりうまくいっておらず、1000万円まで借金が膨れ上がっていたそうです。

私には現在結婚を考えている彼氏がいて、そのことも親には伝えていました。どうやら親は借金のことで結婚前の私に心配をかけたくなかったらしく、事業がうまくいっていないことや借金したことを黙っていたようです。

しかし、ある日実家に帰った際に借金取りの電話が鳴り、その電話を私が取ったことで借金のことが判明しました。

親に詳しく話を聞いた所、これ以上事業がうまくいくかわからないので今の会社を畳んで別の仕事でコツコツと返済していくことを考えているそうです。

ただ新しい仕事いっても所謂パートタイマーなので収入も少なく、利息も含めると返済が厳しいので今の実家を売り払う必要もあるとのことです。

私としては長年過ごしてきた実家がなくなってしまうのはとても辛いので、500万円ほどの借金を肩代わりすることを考えています。

ただ、結婚を考えると彼への負担や彼の両親など知られてしまい結婚の話がなくなってしまったらと思うと肩代わりをするべきなのか悩んでいます。

もし同じような状況の方や、専門家の方がいらっしゃったらアドバイスいただけると幸いです。

親の借金の肩代わりをしたことのある人の意見

まだまだ工夫すべき余地があるのではないでしょうか?

40代女性 主婦

色々なことを考えなくてはならないので辛いですよね。

ただ、新井さんには新井さんの人生があることを考えると親の借金で結婚という人生の大きな選択を狂わせてしまうのはどうかと思います。こういう場合には簡単に決めてしまうのではなく、色々と知恵をしぼったほうがいいと思います。

パートタイマーになるとのことですが、この不況に50~60歳の方を雇ってくれるところなど中々ありません。雇ってもらえたとしても予想以上に給料が少なく、借金返済どころか日々の生活すら厳しくなってしまうのではないでしょうか。

結局新井さんがすべて肩代わりになることも十分あると思います。ですから、新井さんは親御さんの相談相手になることに徹して、貸主である銀行や個人と返済先延ばしや返済額の減額などの交渉を手伝うくらいでいいと思います。

新井さんは親思いなので、肩代わりをすることを考えているようですが、新井さん自身が不幸になってしまってはどうしようもありません。

肩代わりすると決めることは簡単ですが、もう少し親御さんの働き方を含めて知恵をしぼってみてはどうでしょうか?

特定調停は検討しましたか?

50代男性 自営業

長女だと色々と責任があって辛いですね。。。

わたしの友人にも同じような境遇の方がいました。彼女は親の借金を肩代わりして2000万円ほど背負い自己破産寸前まで追い込まれ、最終的に「特定調停」という制度を使いました。

特定調停によって利子の帳消しと返済期間延長をしてもらうことができたそうです。

自己破産ではなく特定調停で相手と交渉をして返済計画を組むことで、最悪の事態を免れることができたそうです。10年ほどの返済計画だったと思うので、そろそろ返済し終わるころではないでしょうか。今でも年に1度ほど彼女に会っていますが、元気にやっているようです。

貸主側とどういう調整をされているかわかりませんが、もし特定調停の話がでていないのならば、一度検討してみてはいかがでしょうか?

私も同じような状況です・・・

20代女性 契約社員

私は20代なんですが、新井さんと似たような境遇にあります。といってもそこまで大きな借金をしているわけではありませんが。

私の父親も自営業なんですが、不況のせいか急に仕事がなくなってしまいました。さらに運も悪く、飲酒運転で免停になってしました。自業自得なんですがさらに仕事が減るでしょう。

借金はどんどん増えているようで、私はというと契約社員のためそこまで給料は高くありませんが、少しもの支えになればと、日々の生活費を切り詰めて両親に少しながら仕送りをしています。ただこの状況が長くなると私もお金が貯まらないので辛いです・・・

良くないなと思っているのですが、共感してしまったので、新井さんが元気になればと思い投稿させていただきました。

大変かと思いますが、頑張ってください!

親の借金肩代わりはやめたほうがいい

40代男性 会社員

親とは言えど、借金の肩代わりをするのはやめたほうがいいです。肩代わりではありませんが、私の妹が父の会社のために保証人になり、最終的にはは事業は立ちいかず倒産、多額の借金を姉妹が負うことになりました。

妹は今保証人になったことを非常に後悔しています。妹はその当時、30歳でした。

いくら実家が大事とはいえ、あなたの人生はどうなのでしょうか。また、ご両親が必ず返済のための努力ができるという保証はあるのでしょうか。

肩代わりすることによって、家族間の関係にヒビが入る可能性すらあります。ご両親も新井様に負担を掛けたくないという思いがあるため、無理して肩代わりする必要など一切ありません。

まだ民事再生や特定調停などする余力があるのであれば、自己破産という最悪の手段に出る前にできることをしたほうが良いです。自己破産となってしまうと、実家だけでなくご両親の資産がほとんどなくなってしまいます。

法律専門家に相談してみてはどうでしょうか

30代男性 会社員

債務整理の無料相談などは弁護士に無料で相談できるので、まずは話を聞きに言ってみてはいかがでしょうか?

私の父親にはいつも債務があります。会社を作っては借りる、ということを続けているので今どれほどの借金があるのかは分かりません。

両親は既に離婚しており、父とは連絡をとっていないので今どうしているのか知りませんが、何度言っても全く聞いてもらえず借金を作ってしまうので、もう諦めています。

新井さんのご両親は前向きですし、私の父親に比べたらよっぽど良い状況だと思います。

ご両親と今後の方針についてじっくりと話し合い、決めたうえで弁護士等に相談してみるとよいでしょう。

ちなみにうちは兄弟2人、父のことを考えると他人様に迷惑をかけることはできないため、2人とも独身です。全く父には困ったものです。

自己破産せずとも借金を減額できる債務整理の制度を活用しよう

Businessman standing in hallway of office, arms crossed

借金総合研究所から新井さんの状況についてコメントさせていただきます。

新井さんのケースですが、慌てずに以下のことを行うべきでしょう。

  1. 親の借金情報をできるだけ収集して借入一覧表を作る
  2. 親の現在の収入、支出、返済額を計算する
  3. 弁護士へ相談する

それぞれについて確認しましょう。

親の借金情報をできるだけ収集して借入一覧表を作ろう

Financial data and eyeglasses

最初に、親からきちんとヒアリングをして借入れ先を整理して借入一覧表を作りましょう

多重債務の場合は毎月いくら返すべきなのか把握することが困難になるので、正しい返済計画をたてるためにも情報を正しく把握することが重要です。

また、借用書といった契約書があればできるだけ見せてもらうようにしましょう。弁護士に相談する際に必要になってきます。

知恵をしぼったり今後の正しい方向を見出すためにも、現在の借入れ状況の整理を行うことが最も重要です。

親の現在の収入、支出、返済額を計算しよう

Paying The Bills

借入れ先や利用残高の確認を行ったら、次は親の現在の収入、支出、返済額を計算して、現状を正しく把握しましょう。

収入を把握するためには、家計簿をつけることが効果的です。借金返済に有効な家計簿作成アプリなどもあるため、両親に協力してもらい、まずは今の収入支出を事実ベースで把握しましょう。節約できる支出も浮かび上がってくるはずです。

また、税金は必ず返済できるようにしておきましょう。税金が未払いとなると、制度を利用できなくなることもあります。

弁護士へ相談しよう

Portrait Of Business Team Outside Office

現状を把握したら、弁護士へ相談してみましょう。新井さんのご両親の場合は、借金の理由がギャンブルといったものではないので、借金を減額できる債務整理という制度を上手く活用できる可能性が高いです。

特定調停や任意整理であれば、自宅を売却せずとも借金を減額したり返済できるように交渉できますので、弁護士に相談して今後の方針を聞いてみると良いでしょう。