債務整理とは?借金問題を解決し取り立てに悩む生活を終わらせよう

スポンサーリンク
名村法律事務所

Woman looking at contract on floor

多重債務者など借金が膨れ上がり返済が困難に場合は「債務整理」という救済措置があります。

債務整理には、4つの手続があり、経済状況や債務内容によって選択すべき手続も変わります。今回は債務整理の全体像について確認していきましょう。

スポンサーリンク
岡田法律事務所

債務整理とは?

question

債務整理とは、債務者の借金負担や金利負担を減らすための手続になります。

手続には4つの種類があり、「任整整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」の4つに分類できます。

どこまで借金負担を減らしてくれるかという視点で4つが判別されます。借金の負担がなくなる手続であるほど、その債務整理後の生活に与える制約や影響の度合いが大きくなります。

それぞれメリット・デメリットがあるため、内容を確認していきましょう。

債務整理の種類1:任意整理とは?

任意整理とは、司法書士や弁護士が間にはいることで、債務者の借金の額を返済できる程度にまで減額する手続をいいます。

特徴として、仲介に入るのは司法書士や弁護士であって裁判所が関わらないため、債務者と債権者の間で自由度の高い合意を得ることが可能です。

任意整理のメリット

① 他の手続と比較して、裁判所が関わらないため自由度の高い合意が可能です。

② 手続中は債権者からの支払催促が一時的に止まります。

任意整理のデメリット

① 事故情報が信用情報機関にブラックリストとして登録されてしまいます。

債務整理の種類2:特定調停とは?

特定調停とは、借金全額の返済が困難になっている債務者からの申し立てにより、簡易裁判者が債務者と債権者の間に入り、債権者が納得できる程度に、債務者が返済できる金額まで借金を減額することをいいます。

債務者の生活苦から救済するためことを目的としています。

特定調停のメリット

① 裁判所で手続を行うため、弁護士に依頼する必要がないことから、手続にかかる費用を大幅に節約することができます。

② 特定調停についても任意整理と同じで特にギャンブルや株が原因であっても問題はなく、債務内容の条件はありません。

特定調停のデメリット

① 調停はあくまで話し合いであるため、相手が応じなければならない義務はないため、不調に終わる可能性が高い。

② 不調となった場合は申請期間中の遅延損害金を債権者から請求されてしまいます。

※そもそも調停が成立する確率が非常に低いため、現在はほとんど使われていない制度です。

債務整理の種類3:個人再生とは?

個人再生とは、住宅などの財産を手元に残しながら借金の負担を減らすことができる手続を指します。

裁判所で個人再生の申請を行うと、住宅ローン以外の借金について大幅な減額を行うことができます。

関連記事:個人再生の手続、メリット、デメリット、費用は?

個人再生のメリット

① 自宅を手放さずにローンの負担額を減らすことができます。

② 自己破産と違い、債務の内容が条件になっていないことから株やパチンコといった原因による債務でも問題はありません。

個人再生のデメリット

① 収入が安定していることが条件のため、収入がないと利用できません

② 個人再生を利用した場合は、事故情報としてブラックリストに登録されてします。

③ 個人情報が官報へ記載されてしまいます。

債務整理の種類4:自己破産とは?

自己破産とは借金の返済が不可能となった際に、債務者が裁判所へ破産申し立てを行うことにより免責許可を得ることで、抱えているすべての借金を帳消しにできる手続をいいます。

関連記事:【完全版】自己破産手続を失敗しないために知っておくべき申請の流れ

関連記事:【申請前に再確認】自己破産のデメリットとメリットまとめ

自己破産は借金を帳消しにする手続な分、デメリットも多くあります。

自己破産のメリット

① 借金のすべてを帳消しにすることができます。

自己破産のデメリット

① 事故情報が信用機関にブラックリストとして登録されます。

② 官報で個人情報が公開されてしまいます。

③ 破産手続中は資格や職業に制限を受けてしまいます。

④ 破産手続中は旅行や住所の移転に制限を受けます。

⑤ 破産手続中は破産管財人に郵便物をチェックされます。

⑥ 連帯保証人へ迷惑がかかります。

⑦ 財産をほぼ全て失うことになります。

4つの手続の共通点と相違点を整理しよう

man

共通点は?

4つの手続で共通している点として、借金の額が減額されます。

その他の「申請条件」や「関わる組織」、「減額される程度」などは手続によって異なるため、以下確認していきましょう。

相違点は?

生活苦の度合いによって「任意整理」→「特定調停」→「個人再生」→「自己破産」の順に債務の免除される額が変わります。

任意整理は裁判所の仲介が入らないため、最も自由度の高い手続となっている一方、自己破産は申立てから、債務免除まですべて裁判所の管理下で行わることになります。

また、手続後の生活についても、任意整理は単なる合意のため影響が少ない一方で、自己破産では事故情報がブラックリストに載り、財産のほとんど失うことになります。

債務整理のまとめ

Happy man sitting and working at his desk from home

債務整理には手続が4つあり、それぞれの内容およびメリット・デメリットについて見ていきました。

現在の経済状況や債務内容を踏まえ、債務整理後の生活も視野に入れて正しい選択を行いましょう。