個人間の借金返済に領収書は必要?領収書の書き方と借用書での代用方法

スポンサーリンク
名村法律事務所

document

個人間の借金の場合、「借金をちゃんと返済した・していない」でトラブルとなることが稀ではありません。

そのため、借主としては借金を返済した証拠は取っておいたほうがよいでしょう。そしてその借金を返済した証明に使われるのが「領収書」になります。

ただし、借金を返済する度に領収書を書いていくのは結構な手間と感じてしまう方もいるでしょう。

実は領収書を書かなくとも返済したと証明する方法があります。

今回は、借金を返済する際に使われる領収書の書き方と、領収書を借用書で代用する方法について説明をしていきます。

スポンサーリンク
岡田法律事務所

借金の返済に領収書が果たす役割とは?

Chalk question

領収書は借金返済の場面でも使われている!

みなさんは普段ものを買ったりする際に領収書を受け取るかと思いますが、借金返済の場面でも領収書が使われていることはご存知でしょうか?

たとえば借金を一括で返済する場合に、その返済した証明として領収書が使われることがあります。

しかしその一方で、貸金業者へ分割返済する際は返済額が口座から引き落とされるのみで、領収書などは発行されません。

そのため、まずは領収書が何のために使われている書類なのかを確認していきましょう。

領収書は支払ったこと証明するための書類

まず、領収書が持つ法的な効力を見てみましょう。領収書については民法486条にこうあります。

弁済したものは、弁済を受領した者に対して受取証書の発行を請求できる

つまり、領収書があれば、

私は間違いなく支払いました!あなたも認めていますよね!

と訴えることができるわけです。

逆に言うと、領収書がない場合には支払ったことを証明できず(特に手渡しで借金を返済してしまった場合)、

どこにそんな証明があるの?あなたはまだ返済していません!

と言われても、反論するための証拠がないという事になってしまいます。そんなことになったら大問題ですよね。

そのため、借金を返済した都度、領収書を発行することが非常に重要となってきます。

相手が貸金業者の場合には領収書の発行は不要!(コンビニ払い除く)

ただしここで疑問となるのが、なぜ相手が消費者金融といった貸金業者である場合には、領収書を発行していないのでしょうか?

それは、消費者金融業者の場合には次のように対応が整理されているからです。

  • 口座振り込み→通帳に支払いの履歴が残る
  • クレジットカード払い→クレジットカードに支払いの履歴が残る
  • コンビニ(現金)払い→コンビニで領収書が発行される

貸金業者でさえこれほど返済の証拠を押さえておくことに注意を払っているので、後でもめやすい友人や家族といった個人間の借金の場合はなおさら注意を払うべきです。

そのため、特に個人間の借金の場合は領収書をとっておき、あとで問題とならないようにしておきましょう。

では次に、どのように領収書を書けばよいのかその方法・書き方とその注意点を見ていきましょう。

借金返済時の領収書の書き方

どんな領収書を使ったらいいの?

まず、領収書ですが以下のようなもので全く問題はありません。誰もが一度は目にしたことがある、標準的なものですね。

receipt

この程度の領収書なら文房具店や100均・スーパーなど、どこでも買うことができますので、まず借金をした場合には購入して、いつでも使えるように手元に置いておきましょう。

実際に借金返済のための領収書を作る場合、何を書けばよいのかわかりませんよね?

次は借金返済の際に使用する領収書に記載すべき項目について解説してきます。

借金返済用の領収書の書き方6つのポイントを解説!

receipt2

借金返済のために使用する領収書に記載すべき項目は以下です。

  ①宛名

  ②借金返済金額

  ③ただし書き

  ④返済日付

  ⑤収入印紙

  ⑥領収書を発行する方の住所と氏名

それぞれについて見ていきましょう!

①宛名

まず宛名ですが、必ずお金を貸してくれた相手の正しい名称(本名)を書きましょう。

間違ってもあだ名や本名以外の名前(芸能人であれば芸名など)を記載しないように注意しましょう。

本人を特定するためのものになるので、相手が本名以外の名前を使っていた場合には本名を聞いておく必要があるでしょう。

②借金返済金額

金額の記載にはルールがあるので注意しましょう。改ざんができないようにするために、これらのルールは決まっています。

次のパターンのうちのどれかを使いましょう。

  • ¥○○○,○○○※
  • 金○○○,○○○也
  • ¥○○○,○○○ー

桁数を間違えることもあるため、必ず3桁ごとに「,(カンマ)」を入れておくようにしましょう。

③ただし書き

この項目には「何のための支払いなのか」を記載することになります。

そのため、「例:○○に対する××万円の借金の返済の一部」などとわかるように記載しておきましょう。

④返済日にち

日付の記載は必ずしておくようにしましょう。何日に返済したかわからないと、「いつ・何度目の返済なのか」がわからなくなり、非常に問題となるケースが見られますので、特に注意をしましょう。

⑤収入印紙

個人間の借金の場合には、「営業に関しない領収書」となるため収入印紙の貼り付けは不要になります。

消費者金融から借金をコンビニで返済するときに収入印紙を貼るのは、消費者金融にとっては「営業活動の一環」として考えられているためです。

ただし、不安な方は5万円以上の借金の返済をする場合には収入印紙を貼るようにしましょう。

収入印紙にいくら貼ればいいの?という点については国税庁が公開している、印紙税額の一覧表にある「売上代金以外の金銭又は有価証券の受取書」に該当するため、「200円」の収入印紙を貼っておくようにしましょう。

また、収入印紙を貼り付けた場合には、割り印を押すことを忘れないようにしましょう。

⑥領収書を発行する方の住所と氏名

最後に、貸主である領収書を発行する人が、住所と氏名を記載してから認め印で内容の承認を行います。

これら6つのポイントが揃えば、領収書は完成となります。慣れてしまえば書くのもそこまで手間ではないので、きちんと保存しておくようにしましょう!

ただし、「借金返済のたびに領収書を書くのは面倒だよ!」という方もいらっしゃるかと思いますので、次に借用書を使った、領収書を書かなくて済む方法についてみていきます。

領収書は不要?借用書を使って手間を減らそう!

Cute woman

毎回領収書を発行してもらうのは面倒・手間という方もいるかと思います。

その場合には借用書にその旨を記載することで非常に後の手続きが楽になります!

借用書とは?領収書の負担を減らすために借用書に書くべき内容は?

借用書とは、二者間で作成した「借金の内容を書類にまとめたもの」になります。

二者間で作成した場合の借用書の効力については、こちらの関連記事:『個人間の借金は借用書を作成しないと返ってこない?』を確認してみてください。

領収書を毎回発行する負担を減らすためには、以下のような記載を借用書で取り交わしておくと便利です。

  • 返済の支払いは○○銀行で行うものとする。
  • その場合の領収書(受領書)は発行しません。

払い込み金融機関を指定しまうことで、その金融機関での入金記録が返済の証明となるためです。

公正証書で作成すれば強い証明力を持たせることができる!

ただし、借用書だけでは法的効力を持たせることができないため、確実に証明力をもたせたいという方は公正証書で第三者の証明を得て作成することをお勧めします。

公正証書を作ることは貸主にとっても間違いなく回収できるなどメリットが大きいため、提案してみるとよいでしょう。

公正証書の詳しい内容については、こちらの関連記事『公正証書の借用書とは?個人間借金取り立て時の強力な武器に!』を参照ください。

まとめ

Family on beach

いかがでしたでしょうか?今回の内容をまとめると以下になります。

  • 個人間の借金で返済をする際に領収書を発行することで、返済した証明となり後のトラブルを予防できる。
  • 領収書の発行が手間である場合には、借用書で領収書不発行の手続きをとることができる。

個人間の借金はトラブルが非常に発生しやすいため、書類関係をきちんと整えて後のトラブルを避けるようにしましょう。