自己破産とは?デメリット7選とメリット3選まとめ

スポンサーリンク
名村法律事務所

annoy man

自己破産をすれば、抱える借金をすべてゼロにすることができますが、自己破産のデメリットをどれだけ把握できているでしょうか。

一方で、自己破産のメリットを知らずに一人悩んでいる方は重要な選択肢を知らないともいえるでしょう。

今回は、自己破産に関するデメリット・メリットの正確な知識を身につけ、人生の正しい選択ができるようになりましょう。

スポンサーリンク
岡田法律事務所

自己破産のデメリット7選

Portrait of a tired doctor

自己破産は借金が帳消しになる分、デメリットも多くあります。デメリットについて、それぞれ見ていきましょう。

自己破産のデメリット①:クレジットカードの利用や住宅ローンが制限!ブラックリストへ載ってしまう

自己破産になることで、信用調査会社のリストに事故情報として登録されてしまいます。この情報のリストを「ブラックリスト」ともいいます。

クレジットカードの開設や住宅ローンの審査の際に金融機関は信用調査会社へ個人情報を参照します。

実はこのブラックリストに事故情報として登録されていると、ほとんどの場合審査が通りません。

では、一度ブラックリスト載ってしまうとどのくらい事故情報が残ってしまうのでしょうか。

信用情報会社にいくつか種類がありますが、一般的には5年~10年と言われています。

つまり、5年~10年間は新たにクレジットカードを発行したりローンを組んだりできないことになります。

過去に自己破産を起こしている方で、自身の信用情報が気になる場合は、以下の信用情報機関へ問い合わせてみましょう。

株式会社日本信用情報機関機構(JICC)

株式会社シー・アイ・シー (CIC)

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

しかも大変なことに、5年経ったとしてもクレジットカードを発行できないケースは多々あります。

どのような場合に発行できて、逆にどうすれば自己破産してもクレジットカードを発行できるかについては、関連記事「自己破産!それでも作れるクレジットカードをご紹介!」を確認ください。

クレジットヒストリーをしっかりと積み上げることも重要になります(通称:クレヒス修行)。

将来、家や車といった大きな買い物を検討している場合は、自己破産の申請を再検討したほうがよいでしょう。

関連記事「自己破産!住宅ローンが組めるまで何年かかる?

関連記事「自己破産!車のローンが組めるまで何年かかる?

自己破産のデメリット②:悪徳業者のターゲットに!官報で個人情報が公開されてしまう

みなさんは「官報」というものを知っていますでしょうか?

官報とは、簡単に言うと国が運営している情報誌です。インターネットから無料で閲覧することができます。

自己破産すると、官報に名前と住所が公開されてしまいます。

官報に掲載されると、知り合いに自己破産したことがバレてしまうのではないか?と思うかもしれませんが、普通の人は官報なんて見ていません。

一番のデメリットは「闇金融業者に目をつけられてしまう」ことです。

闇金融といった裏の人間はこの情報を常にチェックしているため、情報が公開されてしまうと悪徳な消費者金融からチラシなどが自宅に送られてくる可能性があります。

自己破産した後は、こういった悪徳業者には十分に注意しましょう。

自己破産のデメリット③:アルバイト生活も?破産手続き中は資格や職業に制限を受ける

破産手続きを行っている最中は、資格や職業に制限を受けてしまいます。

一部を例に挙げると、「取締役及び監査役、行政書士、公認会計士、金融機関、税理士、弁護士、警備員」などがあります。資格を持っていても手続き中は、一度職場を離れる必要がありますが、手続きが終われば復帰できます

ただし、職場復帰をする際に周囲への説明など困る可能性があります。復帰できるとはいえ、大きなデメリットの一つとして認識しておきましょう。

自己破産のデメリット④:長年の信頼関係が崩れる?連帯保証人への迷惑

日本で借金する場合は連帯保証人の契約がセットになっていることが多いと思いますが、自己破産するとその連帯保証人に大きな影響があります。

自己破産を決める前に、連帯保証人への影響を確認しておきましょう。

自己破産した場合は、これ以上取り立てに合うことはありませんが、連帯保証人は違います。債務への保証責任があることから、破産者の債務を代わりに負うことになります。

保証人は親や親戚といった身内、親友であることが多いことから、大事な絆にヒビが入りかねません。自己破産を決意するにしても、事前に連帯保証人へ説明することは必要です。

何よりも、自分だけの問題でないことを肝に銘じておきましょう。

自己破産のデメリット⑤: 財産をほぼ失うことにも

自己破産した場合には、借金がゼロになると同時に財産の整理も行われます。

具体的には、20万円以下の財産と99万円以下の現預金を除くものはすべて処分対象となります。持ち家や車だけでなく、親から譲り受けた宝石など、思い出の品も含めたすべてに等しい財産を失うことになります。

借金がゼロになるとはいえ、お金に変えられない価値があるものまで失うこともあるため、よく検討してから決断をしましょう。

自己破産のデメリット⑥: 住所の移転と旅行が制限される

破産手続き中に、住所の移転や旅行に行く場合には、裁判所から許可を取る必要があります。

これは日帰りの用事や通勤も含まれるのでは?とお思いの方もいるかもしれませんが、さすがそこまで規制しているわけではありません。

宿泊が必要な出張や旅行の場合に、許可の申請をすることが必要となります。ほとんどの場合で許可がおりるため、そこまで心配する必要はありませんが、破産手続き中は常に監視されていることになるでしょう。

自己破産のデメリット⑦: 破産管財人によって郵便物が管理される

管財事件で破産手続き中の郵送物は、すべて破産管財人が管理することになります。なぜなら、破産者が裁判所に対して財産を隠すおそれがあるためです。

そのため、裁判所は郵便物を見ることで、破産者が他に持っている財産がないか確認しているのです。

本人が知られたくないような郵便物まで見られてしまうこともあり、破産手続き中のプライバシーはないと思ったほうがいいかもしれません。

以上7つのデメリットをあげましたが、これ以外にも様々なデメリットがあります。1つでも知らないデメリットがあれば、自己破産の決定を見直したほうがいいかもしれません。

自己破産のメリット3選

Beautiful young businesswomen working in the office

色々とデメリットを書いてきましたが、次はメリットについても見ていきましょう。デメリットとメリットを正確に理解することで正しい決断ができるようになります。

自己破産のメリット①:債務が免除される

自己破産の一番のメリットとしては、言うまでもなく債務がすべて免除されることです。

債務整理の手続きにはいくつかありますが、債務すべてが免除されるのは基本的には自己破産のみです。ただし、自己破産を行うにはいくつかの要件があります。

また、自己破産できたとしても免責されるケースとされないケースがあります。関連記事「自己破産して免責になる条件とは?免責不許可事由を徹底解説!

その要件満たしているか確認するにはまず近くの弁護士や司法書士といった専門家に相談してみましょう。

無料で対応しているところもあるため、一人で悩まずにまずは相談してみることが重要です。

自己破産のメリット②:取り立てに苦しむことがなくなる

自己破産では借金がゼロになることから、今後は債権者の対応をする必要がなくなります。
これは金額以上に精神的にメリットが大きいでしょう。

特に子供がいる家庭や、親と同居しているような家庭の場合、取り立ての電話で家族の雰囲気が悪くなることもなくなるため、本人以外にもメリットがあるといえます。

自己破産のメリット③:一定程度の財産を手元に残すことができる

自己破産ではすべての財産が処分対象となるわけではありません。

自己破産の財産整理では、以下を差し押さえることが禁じられています。

  • 年金
  • 生活保護
  • 小規模企業共済受給権
  • 中小企業退職共済受給権

これらの財産と20万円以下の少額財産および生活費にあたる99万円以下の現預金については対象外となるため、それらの資金から人生の再スタートをきることができます。

ほとんどの財産がなくなってしまうとはいえ、一定の資金から再スタートをきることができることから、正しい方向へ進んでいけば人生のやり直しがきくでしょう。

自己破産のデメリット・メリットまとめ

Fotolia_53650764_S

以上デメリットとメリットについてまとめましたが、最も重要なことは「自己破産をしないこと」につきます。

具体的な手続きについては、次の記事で詳しく解説しています。関連記事「自己破産手続き申請の流れとは?徹底解説します!

また、具体的な費用については、次の記事で詳しく解説しています。関連記事「自己破産費用の計算方法は?払えない時の法テラス活用術

ただ、どうしても首が回らない、いち早く債務地獄から逃れたということであれば、弁護士や司法書士といった専門家に一度相談してみるとよいでしょう。

自己破産のデメリットとメリットをよく理解して、正しい再スタートをきりましょう。